★ 青森県 アマチュアWさん。 

まず,インナーコレットホルダーですが,エンドピンほどの大きな変化はなかったの
ですが発音にまとまりがあり,反応が良くなった印象を持ちました.

 
エンドピンですが,自宅,中程度の広さの練習場で,エンドピンを刺さずに
行いました.
基準にしたものは,普段使っているカーボン入り真鍮(先端チタン)です.

 トリプルブリランテですが,高音域は柔らかい音色であったものが,
細い線のような鋭い発音になりました.
低音域では,一つ一つの発音が明瞭となり,密度の高い音色に変化しました.
元々,上記のエンドピンに柔らか合い音色の弦を使用していましたので,
この変化には驚きました.
しかし,左手・右手ともに,その差の分だけ負担が大きくなったように感じます.

 

カルテットですが,トリプルブリランテの音色が若干柔らかくなり,両手への負担が
軽減されました.
音色は,高音域は細い線であったものが,絹の表面の柔らかさ,艶やかさのような
優しい音色に変化しました.
低音域は力強い発音はそのままなのですが,音色が若干柔らかくなったといいます
か,楽器が自由に振動できる範囲が増したといいますか,力強さに,豊かさが
加わったような感じがしました.

 

自分の好みとしては,弾きやすさ,柔らかい音色が好きなのですが,
カーボン入り真鍮では,楽器が自由に振動できるため豊かな音色であるものの,
高音・低音の力強さと発音に不満がありました.
トリプルブリランテは音色が固くなりすぎる印象がありました.
そのため,楽器の豊かな音色は残しつつ,弾きやすさも残り,高音域の柔らかく
艶やかな音色,低音域の発音が良く・力強く・豊かさも残るカルテットの方がより
好印象でした.
インナーコレットホルダー用に,カルテット(直径10o,溝なし)を注文しました。



★バンドマン Kさん
  カーボン(真鍮)  カーボン入り真鍮(先は真鍮で更に先端にタングステン)・・特注

今回は、カーボンとカーボン入り真鍮を試しました。
第一印象は、作りが綺麗で素晴らしいです。
見た目もバンドマンには大事ですから(笑)。

私の楽器はかなり小さいので長いエンドピン(40cm)を製作して頂きましたが、
カーボンだと少ししなってしまう感じがしました。真鍮ですと安定感が有り安心でした。

一人で弾くとカーボンの音色はとても甘くて、アルコで弾くと酔ってしまいます。
ピチカートでは軽いタッチで音が出るので、とても弾きやすいです。
何しろ楽器が軽くて楽ですが、重心が上がってしまうので、持ったときにバランスが
ちょっと怖いです。

バンド内では真鍮の方が抜けが良いし、迫力が有り音が飛びます。
アルコでもピチカートでも抜けるのが一番ですから。音色も高音と低音が持ち上がり、
バランス良く素晴らしいです。金属的な音色と暖かい音色が同居していて不思議です。
鳴らし込みが楽しみです。

こだわると永遠に止まらないので、カーボン入り真鍮を楽器に馴染ませる事に決めました。




★ ベイシスト プロ ジャズ Nさん

先日コントラバスのエンドピン(真鍮とタングステンのハイブリッド)を購入させていただきました
あの後すぐにレコーディングがあったのですが、これに関しましては変化はわかりませんでした。
比較対象がなかった為に致し方ないかと思われます。
でも出来はすごく良い音でレコーディング出来ました!

あとは、普段出演させていただいておりますお店では、以前より明らかに音の芯がはっきりして
低音部だけでなく、他の音域も前より良い音になりました。「ウッドベース!」って感じです。
とにかく音質が一変いたしました。「良い音には良いフレーズ(演奏)が付いている」とよく言います。
自分も期せずして上達したと錯覚するような好結果が出ております。
ありがとうございました。

今後も音質や音量へのこだわりは 「より上質へ」と続いていくと思っております。
また何か良い案がありましたら是非ご一報いただきたく思います。


★ ベイシスト プロ ジャズ O さん

◎真鍮
◎チタン
◎チタン入り真鍮(先端・真鍮)
◎タングステン入り真鍮
◎カーボン
ご感想はこちらでご覧ください。BASS MIKIO OTO
エンドピンの写真と共に スチール製のエンドピンとの比較で掲載されています。



★ ベイシスト アマチュア  愛知県 Fさん

私は、アマチュアのチェリスト兼ベーシストです。
アマオケでのコントラバス、弦楽合奏と室内楽でのチェロで余暇を過ごしています。

KBのエンドピン>
 使用KBは国産量産品(オリエンテ1978)、お尻が大きく重い楽器です。
粗く鈍い音だと思っていたので、やわらかく更には無いものねだりの
甘い音を求めました。
メールで見附さんに相談して選んでいただいた「カーボン入り真鍮」は、
当たりでした。
ゴムを外し(薄いストッパーを介して)床に直置きすると、
これまでにないジンジンとした密な音を感じ、自分の楽器を多少見直しました。
同じ機会に
VC5種類の素材を試させていただいた結果からも、
選択の方向性が合っていたと思います。ありがとうございました。

★↓コントラバス感想  2ページ↓         1ページめはこちらへ。

★楽器のページへ戻る

★チェリストの感想のページはこちら。

コントラバスのエンドピンご購入者の感想のページ

ご感想をお寄せ下さった方々にはこの場をお借りしてお礼申しあげます。

トップに戻る

★楽器のページへ戻る