ヘルシンキ交響楽団 バスクラリネット奏者 ヘイッキ・ニクラ氏
スウェーデン劇場奏者 シベリウス音楽院 バスクラリネット奏者 上山幸子氏

共同分析結果

・カーボン(先)チタン
中間色の明るい音。中くらいに広がりをもち、伝統的な室内楽に適している。
音が軽い立ち上がりで得られる。先端がチタンなので、パワーも持つ。

・カーボン(先)真鍮
非常に明るく、広がりをもつ。幅広く室内楽に適している。
音の立ち上がりが楽。それでいて、先が真鍮なので、音もまとめやすい。

   チタン(先)チタン
中くらいの広がりをもつ。オーケストラ、室内楽のどちらにも適している。
真鍮ほどの音のまとめやすさは得られないが、力強さは非常にある。
吹奏楽などにも向いている。

  チタン入り真鍮(先)チタン
明るく、広がりを持つ。室内楽のほか、ソロの演奏にも適している。
音のまとめやすさを残したまま、先端がチタンなので、力強さも併せ持つ。


   チタン入り真鍮(先)真鍮
広がりをもち、丸く、中間の音をもつ。ソロの演奏のほか、オーケストラ、
吹奏楽、室内楽など、すべてのシーンに大変良く合う。
音がまとめやすいので、より音に表情をつけやすい。
また、中心がチタンで作られているので、力強さも併せ持つ。
その構造の通り、力強さを、しっかりとまとめたという感触が得られる。



   真鍮(先)真鍮
暗めの音をもち、広がりを持つ。オーケストラ、吹奏楽、室内楽、
またソロの演奏に幅広く適している。チタンほどは、音に力を持たないが、
繊細なコントロールが可能。

   タングステン入り真鍮
非常に広がりをもつ。暗めの音。オーケストラ、吹奏楽、ソロの演奏に非常に良い
力強さも非常に良い。軽めのリードでも、重厚なサウンドが得られる。

・洋白ニッケルシルバー(先)チタン
音の立ち上がりが楽であるうえに、軽めの広がりをもつ、丸い音を持つ。
オーケストラ、吹奏楽、室内楽のほか、ソロの演奏にもとても良い。

★楽器のページに戻る.     ★TOPに戻る.