今日はビッグなチェリストが訪問してくださいました。

元ミラノスカラ座の首席チェリストのアントン、ニクレスク氏がお越しくださいました。

同じ林裕先生の門下生のFさんと一緒にです。Fさんはこの秋にルーマニアにチェロの

勉強に行かれる予定です。

私の拙い会話でお話していますと、ニクレスクさんの隣で楽譜をめくっていたのが

マリオ、ブルネロだったそうでビックリです。

エンドピンをどんどん試奏して、2本ほどお買い上げいただきました。

遠いヨーロッパからお越しくださったので、真鍮のストッパーをプレゼントしました。

お返しに彼のCDを2枚もサイン付きで頂きました。カサドのめずらしい曲が入っています。

ありがとうございます。

それからちゃっかりと今取り組んでいる曲のボーイングを教えていただきました。

『此処は難しいボーイングです。手首を柔らかく弓を小さく使いなさい』と教えてくださいました。

なんという贅沢な時間でしょう。今日中に東京に行かれるようです。日本を楽しんでくださいね。

Pict0009 Pict0014_2 Pict0012

Pict0005

ニクレスク氏が弾いているのは私の作ったチェロです。『なかなかよい音がします。

ネックがもう少し細いほうが私の好みです。』とおっしゃいました。


2008/08/25 vcyoyo音楽日記より

ようこそ A、ニクレスク氏

★楽器のページに戻る.     ★TOPに戻る